より旅行を楽しめるようにするには

旅行から帰ってくると、現地でおもしろかった内容を友人たちに話したりすることがあります。特別なレジャー施設に出かけた場合は、そこでおもしろかった内容と写真などを閲覧して話をする事ができます。

ただ、旅行の楽しみはレジャー施設でアトラクションを楽しむだけではなく、それ以外にもたくさんあります。最も感動できるのが食事です。

国が変われば使う食材がガラッと変わり、使う調味料も変わってくるので、自分の口に合う美味しいメニューがあるかどうかがポイントになってきます。そのあたりの美味しい食事を提供するお店は、旅行に行く前の段階で確認できているので、より美味しいお店を選ぶことができます。

そうなってくると、日頃自分が食べている食事よりどれだけ興味深い食事が出てくるかに意識が集中します。そのようなアトラクションを楽しんで美味しい食事を食べた後は、宿に帰ることになります。

ホテルで休むのは休憩するだけという感覚がありますが、ここでその地域独自の宿に泊まるという考え方があります。それが、Airbnbなのです。

Airbnbは、ネットで話題になってから、多くの人が利用しているサービスなのです。民宿などの宿泊施設よりも割安な価格で、一般的な住居を借りることが可能になります。

一軒家の当て物だけでなく、こぢんまりしたアパートなどを借りることも可能になっているので、とてもリーズナブルな価格で利用できます。

ただ、一人で旅行に行ったときに利用するシステムではなく、より大きな建物を借りることも可能なのです。庭付き一戸建ての広いキッチンのついた建物を借りる事によって、旅行中にお酒を飲んで、ちょっとした食事を食ったりしてパーティーをすることも可能になるのです。

そのような楽しみ方を広げてくれるのがAirbnbの良いところです。プールで遊んだり、テニスコートがついている施設を借りたりすることも可能になるので、旅行をする際には、どのような宿を借りることができるかよく考えて選ぶことです。

ホテルよりもリーズナブルに利用できる

外国に旅行に行くときには、後でトラブルにならないように旅行のプランや宿泊施設の確認が大事です。旅行代理店にすべてお任せするならば安心して旅行をすることができるのですが、自分で宿泊施設に予約を取った場合は、しっかり予約が取れているか確認する事が大事です。

本来はホテルに宿泊することが基本となりますが、リーズナブルな価格を優先する為にAirbnbを利用するというやり方があるのです。これは最近流行っている方法であり、旅行先の地域で空き部屋となっている物件を、数日間だけ借りるという方法になります。

不動産の空き部屋という考え方ではなく、住むために必要なテレビや電子レンジ、タンスや冷蔵庫などの生活に必要となる家具類等がすでにセットされている状態で借りることができるのです。

マンスリーマンションのような感じですが、当然のように敷金や礼金などの費用は発生しません。ホテルと同じように利用した日数分だけの宿泊費を支払うだけです。なので、リーズナブルに済むというメリットがあります。

ネットでAirbnbの話題が出ることがありますが、その時に語られる内容は宿泊費用が安く済むという面が多いのです。確かに旅行においてコストを抑えることができることはとても注目されるべき事ですが、Airbnbを利用するメリットは他にもあるのです。

それは、物件を所有しているホストの方から鍵を譲り受けるのですが、その時にその地域で楽しい遊びや、美味しい食事を提供するお店などを聞く事ができるのです。そして、その宿は住宅地域にある事が多くあるので、その地域の人たちの日常の生活を見ることができるのです。

周りで遊んでいる子供たちが何をやっているのか見る事ができたり、近くの市場でどのような食材が売られているかなども見ることができます。

美味しそうな食材があれば購入して、調理して食事を作る事も可能なのです。なので、調理に腕がある人の場合は、ホテルに宿泊するよりもAirbnbを利用して現地の人たちと同じような食生活を楽しむこともできるのです。

アートな部屋に住んでみたいと考える

毎日住んでいる部屋を模様替えしようと思っても、なかなか思うようにいかずに断念することがあります。カラフルな家具類に取り替えていけばリフレッシュ出来るのではないかと思うようになるのです。

そんな事を考えるのですが、家具類を取り替えるのは、現在使える状態にある家具を処分することになるので、その部分がネックになってしまうのです。

まだ利用できるのでリサイクルショップに預ける考え方も良いですが、持って行く手間がかなりかかるし、金額がさほどつかなくても販売しなければいけない状況に追い込まれてしまいます。

なので、結局は自分の居住空間はそのまま変えずにいることが多くなります。なので、旅行の際にこのようなストレスを発散することができるのです。

綺麗な家具がたくさん並んでいる、アーティスティックな部屋を宿泊施設として選ぶことができるのです。それがAirbnbというサービスとなるのです。

Airbnbに登録されている物件は、リーズナブルな小さなアパート類から、デザイナーズマンション、そして観光施設が見えるような位置にある展望台の代わりになるようなベランダのあるお部屋などもあります。

なので、旅行する際に自分が希望するような建物を探すことができるのです。数日間の宿泊になりますが、ホテルのような質素な家具類に囲まれた時間を過ごすのではなく、自分の希望するようなアートなお部屋を探すことができるのです。

旅行の際にはリフレッシュする事が最重要だと考えます。そうなってくると、数日間宿泊する宿の考え方がポイントになると思うのです。

どのようなデザインの部屋がラインナップされているかは、Airbnbにログインして写真を閲覧することができます。より良い物件が見つかったら、旅行の予定日に合わせて予約を入れるのです。

普段から見られないような建物の場合は、宿泊費用も軒並み高額になる可能性があるので、お部屋のインパクトと価格を良く比べながら借りる部屋を選んでいくのです。

Airbnbを利用するためにチェックすること

世界のどこでもアットホームな環境を提供してくれるAirbnb(エアビーアンドビー)は多くの人を魅了しています。190カ国で利用可能という規模も凄いものがありますが、大都市だけではなく、リゾート地などでもこうしたサービスが利用できるようになっているのも大きなメリットです。単なるホテルではなく実にローカルな宿舎というのは味わい深いものがあるのです。

このAirbnb(エアビーアンドビー)が提供している現地の人たちの宿泊施設はいろいろなタイプがあります。ごく普通の一軒家のようなものからアパートやコンドミニアムのような豪華なマンションタイプのもの、そしてお城やヴィラといったタイプのものまであるのです。それで最初はコンドミニアムに滞在して、その後でお城に宿泊したり、一軒家に移動したりといういろいろなタイプの部屋に泊まることができるということでその旅行はかなり楽しいものになるのです。このサービスを利用しているホストは35万人であり、ゲストは1500万人、ということでかなりの数の人が利用していることになるのですが、信頼と信用という関係の上に成り立っているのでお互いがそれを守るようにすることで双方が益を得るということになります。

そしてそうした信頼を維持するために、Airbnb(エアビーアンドビー)はゲストやホストの方のID認証確認本人確認を行ないますのでそうしたことによって信頼できる関係が出来上がっていきます。また、サポート体制もしっかりしていて、24時間365日サポートしてくれますので旅行中のわからないことや、ホスティングに関していつでも問い合わせることができるようになっているというのは安心できる点です。

もしこのサービスを利用することに決めたならばまずはゲストとしてはどんなことに注意を払うのがよいのか、またホストという立場であればどうなのかということを事前にサイトで調べてチェックしておけば問題は少なくなります。賢くAirbnb(エアビーアンドビー)を利用して楽しい旅行にしたいものです。

自然にふれ合う旅行にしたいときには

大自然の写真を多く撮影しようと思って旅行をすると、その現地の人たちからより良い情報を得られることがあります。撮影ポイントというのは、ネットではあまり話題が出ない事が多いので、実際にその旅行先に行って考える事が多くなります。

現地の人たちに質問をしたりする事が多くなってくるので、できればホテルに宿泊するのではなく、現地の住民の人たちと同じような施設で宿泊することはメリットがあります。

そのような建物で宿泊する事ができるサービスがあります。Airbnbと言われていますが、賃貸物件などとなっている空き部屋を有効利用と考えるサービスになっています。

誰も借りれる人がいない物件をそのままにしているよりも、旅行する方に貸し付けるという考え方になります。当然のように、冷蔵庫やソファー、テレビや調理器具などのような生活に必要な道具がすべて揃った状態で貸すのです。

そうなると、自宅でくつろぐかのような感じで宿泊先でリラックスすることができるのです。思いがけずに、大雨に濡れてしまったときには衣類を洗濯して、乾燥機で乾かすといった事も可能になります。

ホテルではできないようなサービスがあるので、Airbnbで宿泊施設を探すというのはいくつものメリットがあるのです。

私のように、写真撮影をメインにしていると、その地域の田舎の風景などを撮影したいと思う事があります。それが、宿泊している宿から外に出ればすぐに撮影ポイントが見つかったりするので、とても重宝するのです。

そして、更に良いのは、ペンションやコテージなどの郊外の宿を借りることも可能になるのです。お客さん向けに作ったペンションで無い場合は、非常に繊細な作りの建物を借りることができたりします。

外から見るとアウトドア系の建物なのに、中に入ると西洋な豪華なシャンデリアや、ソファーやチェストなどすばらしい建物を借りることが可能になるのです。

なので、Airbnbを利用する事は、旅行の中でもう一つ楽しみを増やす事になるのです。

イタリア旅行で3人家族の温かいお出迎えに感動

私は海外への1人旅を良くします。
会社でまとまった休みが取れるとバックパッカーで海外に行くのが好きです。
バックパッカーの宿泊ではいつもAirbnbというサービスを利用しています。
自宅の1室を提供して宿泊させてくれるサービスで、宿泊代もその街のホテルの半額~3分の1程度。
バックパッカーにとっては非常に便利なサービスです。
旅行に出る前、事前にホスト(提供者)の人と連絡をとり、詳細の条件を確認します。
今回行くのはイタリアのナポリ。
実はナポリに行くのはこれで2回目。
1年ほど前ですが、前回利用したときにお世話になったホストに連絡を取ってみました。
覚えていてくれて、今回も利用させてもらえることになりました。

今回の宿泊は4泊。
待ち合わせ場所はホストの自宅のある最寄り駅にお願いしました。
こうしてイタリア旅行がスタートしました。

ナポリ近郊の空港に着くと、電車を使ってホストの自宅の最寄り駅まで移動しました。
10分前くらいに到着すると、もう既にホストの人は待っていました。
彼は30歳のAさん。僕より5つ年下です。
既に結婚していて娘さんは5歳のEちゃん。3人で住んでいます。
待ち合わせ場所でAさんとの再会すると懐かしさがこみ上げてきます。
最寄り駅からは一緒に自宅まで歩いていきました。
Aさんの方が英語は上手なので、僕の英語でもうまく拾ってもらえます。

自宅に到着すると、部屋に案内されました。
前回利用した時の部屋とは違い、広い部屋を提供してくれました。
最近はAirbnbを利用する人が増えてきて、2部屋提供しているそうです。
今回の滞在では僕1人だけでした。
改めて奥さんと小さな可愛いEちゃんにもあいさつ。
1年前にはもっとちっちゃかったですが、成長ぶりにびっくり。
英語はわかりませんが、イタリア語でも子供が話す言葉はなんとなくわかります。
1年前のことは覚えていませんでしたが、外国人の滞在は慣れているようですぐに懐いてくれました。

最初の夜は家族3人で一緒に夕食をごちそうしていただきました。
ナポリの近くは海なので、奥さんの実家の地元料理をごちそうになりました。
普段日本で食べるイタリアンよりも魚介料理が多くてめちゃくちゃ美味しい手料理でした。
びっくりしたのはEちゃんが日本の女の子向けのアニメの人形を持っていたこと。
こっちでもイタリア語版が放送されているようです。
王冠みたいなものを被ってくれてとっても可愛いヒロインになっていました。

今回の旅行ではサッカー観戦もしたいと思い、ナポリの試合を観に行きました。
Aさんも熱狂的なナポリサポーターのようです。
でも残念ながらその日は用事があるとのことで一緒には行けず。
でも事前にチケットを一緒に買いに行ってくれたりしていろいろとレクチャしてもらえました。
ゴール裏は正直危険な感じでしたが、メインスタンドには女性もいます。
安心して観戦できました。

4泊もあっという間にすぎて、Aさん家族ともお別れです。
Eちゃんが泣き出してしまって僕ももらい泣きしてしまいましたが、Aさんとも再会を約束して帰途につきました。

今回のイタリア旅行も思い出深い楽しい旅行が出来ました。

Airbnbを利用する上での利点と注意点

Airbnbを利用して旅行をする方が急増しています。
世界中で現地の方の部屋を借りることが出来るというだけでも非常に興味深いですよね。
そんなAirbnbの最大の利点は、現地の暮らしをリアルに体験できるということではないでしょうか。
これがホテルなどですと、ただ泊まるだけなのでその国のリアルな暮らしを体験するには物足りません。
食事なども無難なものしか出てこないでしょう。
現地の家に泊まることで独特なその国特有の家庭料理などが楽しめる場合もあります。
ホスト側の人がどんな人かにもよって、びっくりするような話が聞ける場合もあるのです。
それは海外の人が日本の家を利用する場合も同じことが言えますね。
例えば高齢のおじいちゃんがホスト側だった場合、戦争時のリアルな体験を海外からのお客さんに話すことも可能でしょう。
それはとても興味深いことなのではないでしょうか。
また、日本特有の趣味を持っている方などは海外からのお客様に色々教えてあげると喜ぶと思います。
お茶もそうですが、折り紙なども喜ばれるでしょう。
異文化交流は非常に勉強になるものなのです。

Airbnbはこのようにとても素晴らしいのですが、良い点ばかりでもなく注意点もいくつかあります。
それはやはり言葉の壁があると楽しめないということです。
事前のやりとりで何とかお互い英語で出来たとしても、お互いの言葉が拙いとなかなか意思の疎通が出来ません。
Airbnbを利用する場合、その国の言葉を話せるとより一層楽しめるのではないかと思われます。
お互いに英語が堪能とは限らないので、この辺は難しい問題ですね。

あとはやはりプロのホテルマンではないので、人によっては合う合わないが出てくるかもしれません。
国によって常識は違いますので、日本人が日本人の常識でやったことが通じない場合もあります。
ホテルであれば許されることでも、一般家庭ですとそうはいきません。
いくら相手が気さくな態度を取ってくれたとしても、最低限のマナーと節度は持って行動したいものです。
Airbnbを利用する際は、そのへんもしっかり守っていきたいですね。

airbnbは世界を変える

今はまだAirbnb(エアビーアンドビー)というのは聞きなれない言葉ですが、そのような時期は直ぐに終わり、誰もが知っている言葉になるでしょう。エアビーアンドビーとは、現地の家を借りられるサービスです。これまでは旅行は旅館で泊るものという通念がありましたが、そのような通念に挑戦するのが、このエアビーアンドビーなのです。
これはCtoCという形態の商取引の一環です。Cとはコンシューマーのことです。今まではBtoB、つまり、ビジネス・トゥ・ビジネスというような流れしかありませんでしたが、今は世界中がネットで結ばれており、コンシューマーからコンシューマーに対してモノやサービスを与えることが容易になってきているのです。
このことの帰結はいまだに見通せませんが、世界を変えることだけは確実であろうと思われます。これを旅行の業界が実践すれば、エアビーアンドビーということになるわけです。ネットがないころであれば、個人宅に泊まろうとしても、どのようにしてその個人とコンタクトを取ればいいのかがよく分からなかったのではないでしょうか。しかし、インターネットの登場により、このようなことが飛躍的に容易になったのです。
ネットでどこそこの個人の家に泊まることを予約しておけば、あとは当日にその家を訪れるだけという段取りになります。そして、後日、評価サイトにおいて、旅行者がその家のサービスは良かったのかどうかといった点を評価することになります。このようにネットが終始利用されております。
エアビーアンドビーは今のところ、法整備がされていないので、この点での障害はありますが、もはやこの形態のサービスを押しとどめるということはできないのではないかと思われます。この先は、外国人に自宅に泊まってもらうことで生計を立てる人なども出てくることは、おそらく確実でしょう。これはネットが世界を変えた例の一つに過ぎませんが、大きい一例の内に入るのではないでしょうか。

とても便利なシステムAirbnb(エアビーアンドビー)

Airbnb(エアビーアンドビー)についてですが、こちらのシステムは旅をするうえでも非常に素晴らしいです。
こちらのAirbnb(エアビーアンドビー)とはどういったものなのか、というとまず旅先で現地の家などを借りることが出来たりもしますし、また自分が自分の家を貸すことが出来たりするといったサービスになります。
まだ、あまり日本国内では多くの人に知られていませんし、またあまりメジャーではありません。
しかし、世界中の海外の人たちのなかでは、すでにサービスとして知られており、たくさんの旅好きの方が利用しているというのが現状となっているんですね。
こうしたサービスはいままであるようでなかったので、海外旅行好きの方にとって、素晴らしいサービスであるといわれていますし、とても好評のサービスであるといえるでしょう。
たとえば、一般的なホテルの場合は、料金なども高かったりしますし、また場合によっては、部屋などがとても狭かったり、さらには眺望なども悪かったりとさまざまな問題点があります。
料金を安く抑えようとすると、あまりサービスがよくなかったりもしますし、立地が悪かったり、こういったデメリットがたくさんあるんですね。
しかし、こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)の場合は、こういった心配などはありません。
広い別荘地だったりなどもそうですし、また一軒家そのまま借りたりと言ったこともできますので、部屋がとても広かったりすることも多く、また家を借りるという形になりますので、家をそのまま借りて、自由に過ごすことができるというのも大きなメリットです。
場合によっては、現地の人と交流をすることもできますし、出会いが欲しい、と言う方にもお勧めとなっています。
また、料金などもすっごくリーズナブルなお値段となっていますので、旅行代をなるべく安く済ませたいな、と考えている人だったり、節約をしたいという人にもとてもお勧めのサービスなんですね。

旅行仲間で良い物件を共有していく

旅行のパンフレットなどで、旅行先の様々な風景を確認することができます。そのような写真の中に、丸太でできた山奥の小屋に住んでいる人の写真などがあります。

実際にそのような家に住んでみるとどのような生活なのか興味が沸いてきます。実際にそのような生活をするには、外国で部屋を借りる必要があります。なので、住民票の移動など様々な手間がかかってしまうので、実際はイメージだけで住むようなことはないはずです。

ですが、数日間だけでもこのような部屋に住むことができるサービスがあるのです。それが、Airbnbです。

旅行をするときには、普段はホテルを利用することがお決まりですが、その宿泊費用よりも安く現地の空き部屋を利用する事ができるのが、Airbnbというサービスとなります。

なので、物件によってはコテージやペンション、そして海で遊ぶことができる海岸沿いの海の家や、山奥の丸太小屋に住むこともできるのです。リゾート地なら、プール付きのコンドミニアムを借りることも可能になってきます。

これが月極の料金ではなく、旅行期間中の数日間の料金になるので、当然のようにかなり安くなります。同じ面積であればホテルを借りるよりもずっとリーズナブルになる可能性があるので、Airbnbに登録して、自分が希望するような空き部屋があるかどうかチェックする事です。

そして、良さそうな部屋が見つかったのであれば、自分が旅行する期間中に空いているかどうかを確認しておくのです。

航空券を手配するときにも、旅行予定日よりも相当に早い段階で決めておけば割安になる可能性があるので、Airbnbの部屋を押さえるのもかなり早い段階から予定をするのです。

このように、自分で旅行の内容をよく考えて、プランをよく練っておくことによって、旅行費用を抑えることができるのです。しかも、普段では借りる事ができないような物件で宿泊できる可能性があるので、旅行がより楽しくなるのです。

この情報は、旅行を良くする仲間で共有することができれば、更に良い物件を探すことが出来る様になってくるはずです。

1 2
PAGE TOP ↑